この1年の Amazon EKS アップデートを振り返る

Amazon EKS Advent Calendar 2019 の1日目です. アメリカ時間だとまだ12/1なので許して...

他の AWS サービス同様、Amazon EKS もこの1年間で多くのアップデートを発表してきました. 本記事では、ざっくりとこの1年間の主なアップデートを振り返りつつ、いよいよ本日から開催される re:Invent に備えていこうではありませんかという、そんな目論見がございます.

日付順にアップデートを追って書いていたんですが、なんだか読みにくかったのでカテゴリごとに分けて書いていきます.

目次です.

Security & Reliability

まずは Security と Reliability に関するところからいきましょう. こちらの公式ブログ記事でも “security and reliability are our first priority” とある通り、Amazon EKS における Security & Reliability は最優先事項です.

  • ISO/SOC 123/PCI 準拠
    • What’s New
    • ちなみに US でヘルスケアや医療系のサービスをやろうとした際に重要な HIPPA 適合でもあります - [What’s New]
  • 99.9% Service Level Agreement (SLA)
  • リージョンあたりのデフォルトのクラスタ作成上限数が 100 に
    • What’s New
    • 3月に 50 に上がり、11月の年内2回目の上限緩和により 100 になりました
    • 追加での上限緩和申請も可能です
  • Kubernetes API サーバーエンドポイントのアクセスコントロール
  • コントロールプレーンログの CloudWatch Logs への送信が可能に
  • IAM authenticator integration (AWS CLI)
    • もともと EKS Kubernetes クラスタの操作には AWS CLI + kubectl + aws-iam-authenticator(旧 heptio-authenticator-aws) の3つが必要でしたが、AWS CLI + kubectl の2つで操作できるようになりました
  • EKS Kubernetes v1.10 and 1.11 end of life
    • Amazon EKS では EKS 上での Kubernetes バージョンのサポート終了日の最低60日前にサポート終了日をアナウンスします
    • Amazon EKS における Kubernetes バージョンライフサイクルの考え方はこちらのドキュメントブログ記事をご覧くださいませ
  • Kubernetes pod security policies, ECR PrivateLink support (with 1.13)
  • IAM Roles for Service Accounts
    • What’s New
    • 俗に言う “IAM Role per Pod” で、Service Account 経由で Pod 単位に IAM Role を割り当てられるようになりました
    • Pod に IAM を割り当てる仕組みや利用方法などを解説したブログ記事もあります
  • クラスターへのタグ付け

Regions & Versions

  • 東京を含め、ソウル、ムンバイ、ロンドン、パリ、オハイオ、フランクフルト、シンガポール、シドニー、香港、サンパウロ、バーレーン、カナダで利用可能に
    • 2018年12月 - Frankfurt, Singapore, Sydney, Tokyo
    • 2019年01月 - Seoul
    • 2019年02月 - Mumbai, London, Paris
    • 2019年08月 - Hong Kong, Bahrain
    • 2019年10月 - São Paulo
    • 2019年11月 - Canada
  • Kubernetes バージョン 1.11, 1.12, 1.13, 1.14 のサポート

Nodes

また上記には含まれていませんが、継続的な EKS 最適化 AMI の更新も行われています.

Storage & Networking

Tooling

Machine Learning

その他

また、リリースノートは出ていませんが、Amazon EKS ユーザーガイドは定期的にコンテンツが追加・更新されています.

まとめ

たくさんありましたね. そして今日からいよいよ AWS re:Invent 2019 の開始です. Amazon EKS/Kubernetes 含め、どんなアップデートや発表があるかワクワクしますね!

おまけ

本記事では Amazon EKS とそれに関連したアップデート・アナウンスについてまとめましたが、コンテナサービス全体の上半期のアップデートを並べたやつは以下のスライドでもご確認いただけます.